フリーコンサルタントの仕事・戦略系案件

フリーコンサルタントの仕事・戦略系案件 - フリーコンサルタントの現状

フリーコンサルタントの現状 > フリーコンサルタントの仕事・戦略系案件

フリーコンサルタントの仕事・戦略系案件

コンサルタントの仕事の種類には、戦略系案件と呼ばれるものがあります。
フリーコンサルタントがこれをやることもあるのですが、どんな仕事になるのでしょうか?
一言で言うと、これはクライアント企業の今後の戦略をサポートする仕事になります。

クライアントになる企業は、利益を上げるために、常に何かのビジネスをやっているわけです。
これは闇雲にやっているわけではなく、きちんと戦略があり、儲かる見込みを見出してから事業を開始しているのが基本です。

しかしどのような戦略で事業をやれば儲かるのか、これがわかれば誰でも苦労しませんよね。
企業の方でも、十分に戦略を立てて事業を行ったものの、期待した成果が出なかったり、ライバルに先を越されたりと、苦戦していることも多いわけです。
その状況を打開するために新たな戦略を立てようにも、現状を打開するものが立てられず、困っている企業も多いですね。

このような経営陣の悩みや苦労を解決するのが、コンサルタントの戦略系案件です。
仕事内容は、現状をまず確認し、これを打開するために今後どうするのがいいのか、儲かる戦略を企業に提案することです。
イメージとしては、その企業の経営陣のアドバイザーとなり、一時的にその企業の経営に携わるような仕事内容になるでしょう。

大手のコンサルファームなど、この戦略系案件を専門にしていることで有名ですが、フリーコンサルタントでもこの仕事はこなせます。
仕事は個人で行いますから、自分の分析力や経営手腕の知識でクライアント企業を儲からせる必要があり、難易度はコンサル案件の中でも高めです。
フリーコンサルタントの戦略系案件とはこのような仕事内容になります。