フリーコンサルタントの仕事・PMO案件

フリーコンサルタントの仕事・PMO案件 - フリーコンサルタントの現状

フリーコンサルタントの現状 > フリーコンサルタントの仕事・PMO案件

フリーコンサルタントの仕事・PMO案件

フリーコンサルタントは実際にどんな仕事をしているのでしょうか?
独立したコンサルがよくやっている仕事の一つが、PMO案件です。
これはどんな仕事になるのか、ご紹介しましょう。

まずPMOとは、プロジェクト・マネジメント・オフィスのこと。
社内で立ち上げたプロジェクトの進行や管理などを専門に請け負っている部署やチーム、仕事内容などのことを指します。
あまり聞いたことがないかもしれませんが、大企業やグローバル企業など、多くの人が関係し、たくさんのプロジェクトが動いている企業などでは、このPMOはかなり重視されています。

その理由は、プロジェクトの進行を誰かが管理していないと、うまく進まなくなることが多いからですね。
イメージとしては、会議をやるときの進行役のようなものです。
会議をやるときでも、誰かが一人進行役となり、司会となったり、発言する人を選んだり、出た発言をまとめたり、会議のスケジュール管理をしたりしますよね。

この役割を誰かがやらないと、発言は出てもうまくまとまらなかったり、時間オーバーとなったりします。
プロジェクトを進めるときでも同じで、そのプロジェクト自体の進行役を決め、タスクの管理や進捗状況の確認、スケジュール管理などは、その進行役が責任をもって行います。
その役目を担当するのが、PMOというわけです。

これをコンサルタントが一人で担当したり、クライアント企業の社内で発足しているPMOチームに加わったりするのが、PMO案件です。
仕事内容はPMO、つまり社内のプロジェクトの進行役となり、そのプロジェクトのスケジュールを作ったり、それを管理したりするなど、主に各部署との間の調整役をやります。
簡単な仕事ではないため、フリーコンサルタントに依頼されることの多い仕事です。