フリーコンサルタントの案件

フリーコンサルタントの案件 - フリーコンサルタントの現状

フリーコンサルタントの現状 > フリーコンサルタントの案件

フリーコンサルタントの案件

独立したフリーコンサルタントは会社から仕事を振られるわけではありませんから、案件単位で自分で仕事を取ってきて、仕事をこなすことになります。
基本的に一つしか案件を受けず、それが終わったらまた次の仕事に取り掛かるといった形でもいいですし、同時進行で複数の案件をこなす方もいます。
良くも悪くもここは自由ですから、各フリーコンサルタントが自分に合う形で案件をこなしているのが現実です。

ここでこなしている案件とは、基本的にはコンサル関係のものになりますね。
フリーコンサルタントとして独立した場合、本業はコンサルティングになりますから、その仕事を募集したり、コンサルタントを募集している企業の案件に応募したりして、仕事をこなしています。

このようなコンサル案件はどこにあるのかというと、最近はインターネットを通して案件の募集や応募をやることが多いです。
コンサル案件を専門に掲載しているサイトもありますから、このようなサービスを使って仕事を取っているわけです。

フリーコンサルタントはこのようにして本業関係の案件をこなしているわけですが、有名なコンサルタントになると、本業以外の仕事をこなすこともあります。
たとえば講演です。
コンサルタントは話がうまいですし、特定の分野に関して専門知識を持っていることも多いです。
そのような知識やスキルを買われて、講演の依頼が来たりするわけですね。

もちろんお仕事としての依頼ですから、これも一種の案件として扱えます。
講演ではなく執筆となる場合もあります。
これも仕事としての依頼ですから、本業の合間などにこなせれば、こちらでも収入を得られます。
このようにフリーコンサルタントは本業・副業を問わず、どんな案件をどうこなすかは自由です。